どもー!iPad修理(町田、橋本、相模原、八王子)店の斎藤です!

iphoneユーザーに嬉しいすごいニュースが飛んできました!

なんと、、、

英企業がiphone6に燃料電池内臓に世界で初めて成功!と英紙テレグラフ電子版が報じています。

その前に燃料電池とは?

燃料電池(ねんりょうでんち、: fuel cell)は、電気化学反応によって燃料化学エネルギーから電力を取り出す(=発電する)電池を指す。燃料には方式によって、水素炭化水素アルコールなどを用いる。

引用元 Wikipedia

iPhone6のわずか6.9mmの薄い本体内に、この技術を成功させたのはイギリスのIntelligent Energy社です。

Intelligent Energy社は、iPhone6に燃料電池と充電式バッテリーを搭載し、1週間充電不要で利用可能としました。燃料電池を内蔵したことで本体デザインを変更する必要はなく、外観上の違いは、発電時に発生する微量の水蒸気を逃すための穴が背面に必要になるだけです。
一週間も充電しなくて済むのはかなり画期的です!

ただ問題なのは価格ですね。あと、水蒸気が少し心配なだけですね^^:

この技術、年間57兆円をもたらすみたいです!笑

Intelligent Energy社では、この技術により年間で約3,000億英ポンド(約57兆円)がもたらされると試算しています。

同社CEOのHenri Winand氏は新技術について、「既存のスマートフォン本体のデザインを変更せず、燃料電池と充電池を同時に内蔵できたことは大きな一歩だ。新たな技術を世に出すには、世間から心地よく思われることが重要なのだから」と語りました。同氏はAppleとの共同研究についてのコメントは拒否しています。またテレグラフ紙は、本件についてAppleからのコメントは得られていません。

最高財務責任者のMark Lawson-Statham氏は、「(製品化は)2、3年のうちに可能だ。どのパートナー企業が最初にボタンを押すか、注目だ」と技術に自信を見せています。掲載元 (http://iphone-mania.jp/news-81053/

もう…金額が大き過ぎて言葉が出ないですね笑

iPhoneの本体内部に、薄さやデザインを損なうことなく燃料電池を内蔵可能となった今、iPhoneへの燃料電池搭載はすぐそこまで来ていますね^^

 

〜当店の紹介〜

東京町田でのiPhone修理ならiPhone修理町田店にお任せ下さい。
東京町田エリアで業界最安値で展開しております。
また、iPhone修理のスピード最短即日10分で修理完了です。
お客様の大切なiPhoneを即日でお戻し可能ですので、ご安心下さい。

iPhone修理の品質修理実績多数のスタッフによる安心修理を心がけておりますので、
iPhone
に関してお困りのことやご質問などありましたらお気軽にご相談下さい。

【店舗概要】
店舗 iPhone修理町田店
連絡先 0120-911-372
住所 :東京都町田市原町田4-2-10 丸昭ビル2F
営業時間:10:00-20:00
URL:http://smappo.cc/

 

 

 

 

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0