iPhone6の特徴とトラブルの原因

iPhoneは2007年にアメリカで最初に発売されたスマートフォンです。
豊富な機能とおしゃれなデザインで多くの人に人気のスマートフォンです。
なかでもiPhone6は、画面のサイズが4.7インチと大きく、画面のガラスも従来品より薄くスタイリッシュなデザインになっています。
しかし、今までのiPhoneとのサイズの違いや本体の薄さから、ちょっとした拍子に落としてしまう人が多く、故障の原因となっています。
中でも多い故障が、フロントパネルの割れです。
フロントパネルが割れてしまうと画面が見にくいだけでなく、タッチ操作もしにくくなります。
フロントパネルが割れてしまったら、早めの修理がおすすめです。

iPhone6の修理

iPhone修理は直営店のほか、修理専門店でも受け付けています。
修理専門店は全国各地にあり、町田にも多くのお店があります。
iPhone修理は持ち込みのほかに宅配で受け付けてくれることも多く、忙しい人でも気軽に利用できます。
持ち込み修理の場合、重度の故障でなければ当日中の修理が可能です。
インターネットサイトを持つお店では、無料で修理代金の見積もりや予約ができることもあるので、このようなサービスを利用すると修理までの流れがスムーズです。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0