浸水した場合にやってはいけないこと

iphoneの故障では浸水によるものが多いですが、この場合は起動できなかったり、スピーカーがならないなど様々なトラブルにつながることがあります。
浸水してしまうとつい焦って行動してしまいがちですが、やはりやってはいけないこともあります。
すぐに電源を入れてしまうと腐食を加速させてしまうこともありますので、避けましょう。
さらに乾かそうとドライヤーをかけることもさらに状態を悪くしてしまう場合もありますので要注意です。
さらに水を出そうと振ってしまうこともさらなるダメージにつながりますので、まずは電源を落とし、水気をふき取りましょう。

修理を依頼しましょう

乾いたら問題なく使える場合もありますが、リチウムイオンバッテリーはわずかな水分でも腐食が始まってしまいますので、そのまま使い続けることは危険も伴います。
町田にある専門のiPhone修理店なら、水没、浸水などのトラブルにも迅速に対応してもらうことができますので、起動している場合でも一度見てもらっておくとより安心です。
内部の状態もよく確認し、必要があれば修理してもらうこととなります。
安心して長期にiPhoneを利用していくためにも水没してしまったら、早めに専門の業者に相談しておきましょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0