電源を入れることは絶対に避けましょう

iPhoneが水没したときに絶対にやってはいけないことは、水から引き上げた端末の電源を入れて状態を確認しようとすることです。
電源を入れてしまいますと水を含んだ端末内部の精密部品に通電することで化学反応が起き、それらの腐食や浸食が加速的に進んでしまうほか、漏電も発生して内部の破損がさらに進んでしまうおそれもあります。
ドライヤーの風を当てたり、電気ごたつの中に入れて端末を乾かそうとする行為も避けましょう。
これらの器具で加熱をしすぎても、内部の金属部品の腐食、浸食が進んでしまうからです。
また、ドライヤーの風を端末内部に当てますと水滴が飛び散り、浸水が広がってしまいます。

乾いてからすぐに使うのは大変危険です

水没してしまったiPhoneを乾かす代表的な方法は、本体をティッシュで包んで水分を吸い取り、さらにドックコネクタやヘッドホンのコネクタの水分もティッシュを細くよじったもので吸い取ったあと、お菓子や海苔などに使われている乾燥剤を二、三個入れたビニール袋に入れ、電気器具の電源アダプターなどの上に置いておく、というものです。
このようにして乾かしたあと、電源を入れると正常に動作する場合もあります。
しかし、この状態でiPhoneを使い続けるのは非常に危険です。
iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池ですので、少しでも水分が入ると腐食や浸食が進み、破裂や発火、液漏れなどが起こりやすくなってしまいます。
iPhoneが水没してしまったら、町田のiPhone修理専門店でバッテリーの修理や交換をしてもらうとよいでしょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0