浸水では画面が移らなくなることも

iPhoneの故障でも特に多いものに浸水、水没などの水トラブルがあげられますので、水気のあるところで使う場合は特に注意が必要です。
浸水させてしまった場合は画面が移らなくなる、タッチパネルが反応しなくなるなど様々な症状が出てきますが、浸水してしまった場合も慌てて振ってしまったり、電源を入れてしまったりしないよう落ち着いて行動することが大事です。
水から引き上げたら、水分をふき取り、SIMも取り出して大切に保管しておきます。
このときドライヤーなどの熱で乾かすことも避けましょう。
内部に水分が入っている場合は少しずつ腐食も進んでいきますので、早めの対処が必要です。

早めに修理に出す

iPhoneが水没してしまった場合は内部が気になりますが、このときに自分で解体してしまうようなことは避けましょう。
知識がない場合は下手に触るとさらに症状を悪化させてしまうこともあります。
町田でもiPhone修理に迅速に対応している業者がありますので、緊急の場合はこうした業者に相談すると、メーカーよりも早く対応してもらえることもあります。
使えるようになったからとそのままにしていると突然電池パックが破裂してしまうなどのトラブルが起きないとも限りませんので、使えるようになった場合もやはり専門家にチェックしてもらうことがおすすめです。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0