iPhoneの浸水で行ってはいけないこと

iPhoneの浸水で音声が故障してしまうと通話はもちろんアプリゲームや音楽を聴くことなども快適に遊べなくなってしまって逆に不便になってしまいます。
iPhoneの浸水が発生してしまった場合まず自分で何をやらないといけないのかを紹介します。
まずは、本体を振らないことです。
この行為を行ってしまうとスピーカーだけでなく大丈夫な部分の基盤に水が入ってしまって、逆効果になってしまう場合があるからです。
次に充電を行わないことです。
これを行ってしまうと、内部基盤にショートを起こしてしまう場合があるので、これも故障の原因になってしまいますので注意が必要です。
最後はあまり触らずにそのままそっとしておくことです。
素人ではiPhone修理を行うのは難しいため、触るのはあまりお勧めしないのでこれも注意が必要です。

iPhone浸水の故障は専門業者に依頼

iPhone修理はメーカーに依頼を行う方がいいと思われる方が多いと思いますが、これだと費用が掛かってしまったり修理の期間が長くなってなかなか帰ってこないことがあります。
そこでお勧めするのが専門業者に依頼を行うことです。
これを行うことによって即日に行うことが出来る場合があるので期間が掛からないことと、費用も抑えられます。
JR町田駅にお店があるのでぜひ修理の相談を行うといいです。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0