水没時の対策

iPhone修理が必要になる例としては落下などで画面が損傷してしまうなども多いですが、水没も多いトラブルのひとつです。
トイレに落としてしまう、大雨でぬらしてしまう、ジュースなどの飲み物をこぼす、衣服と一緒に洗濯機に入れてしまったなど、水没してしまう原因は様々あります。
この場合も焦らず落ち着いて行動しましょう。
まずは水から引き上げ、水分をしっかり取ります。
電源を入れるとショートしてしまう場合がありますので、気になるからとすぐに電源を入れてしまうことは避けます。
内部まで水が入っている場合は個人での対応が難しいので、専門店に修理を依頼しましょう。

修理費用はどれぐらいか

できるだけ早く修理したい場合は正規の修理店よりも街の修理店に依頼することも考えてみましょう。
対応も迅速ですし、費用についても正規店より安く提供している場合も多くなっています。
町田でもiPhone修理に対応しているお店はあり、早い場合は即日にも修理してくれます。
修理の費用については難易度によっても違いますが、数千円程度で対応してくれることも多くなっています。
そして、もし復旧できなかった場合にも費用が必要であるかどうかは確認しておくとより安心して依頼することができます。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0