iPhoneの画面が割れてしまった

カバンから取り出そうとしたら手が滑ってiPhoneの画面が割れてしまったという経験をしたことはありませんか。
実際故障の原因でも上位にあげられるパターンです。
フロントパネルにヒビがはいってしまうと画面が映らなくなります。
かろうじて操作ができても使い物にならないことでしょう。
しかし再起不能になってしまっても買いなおす必要はありません。
実は修理をすることができるのです。
今まで使っていたiPhoneをそのまま再度使用することができますから、
ぜひ修理をすることをお勧めします。
特に町田にあるiPhone修理屋さんはおすすめです。

フロントパネルの故障には二通りある

一つは表面の画面のみの破損の場合です。
表面の画面はガラスでできています。
そのためそのままの状態ではとても危険です。
さらには隙間からほこりやごみが入り込んでしまうとその下の液晶画面にも影響を与えます。
すると画像の表示やパネルの操作も困難になります。
かえって費用がかさみますのですぐに修理に出しましょう。
二つめは液晶画面まで被害が出ている場合です。
液晶画面までキズがついてしまうと画面にゆがみが生じたり、
いくつもの線が入り込んでくることがあります。
そうすると操作不能になり携帯電話としての機能が失われてしまいます。
しかしここまで被害が出てもきちんと修理してもらえますので、
諦めずに直してもらいましょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0