iPhoneのパネルは割れやすい?

街行く人を見ていると、画面の割れたiPhoneを使い続けている人をよく見かけます。
iPhoneの表面のパネルには強化ガラスが使用されており、簡単に割れるというわけではありません。
ガラスの表面にヒビが入ったまま使い続けている人が多いのは、ヒビが入るだけで破片が飛散せず、そのままの状態でも一応スマホとしての機能を保っているからでしょう。
一説には、パネルにヒビが入りやすいのは、フロントパネルが割れた際に破片が飛び散って使用者を傷つけないように、ヒビは入るが大破はしないという構造になっているということです。

パネルが破損したらすぐに修理をしましょう。

しかしながら、破片が飛散していなかったとしても、そのまま使い続けるのは危険です。
細かい破片がスマホの内部に散らばってしまい、CPUやバッテリーなどのスマホの心臓部に影響を与えてしまうことも考えられます。
また、放置すればヒビはどんどん大きくなり、ホコリや湿度などの外部要因に内部が影響を受けやすくなります。
致命的な故障を起こしやすくなるということです。
パネルが破損したら、iPhone修理専門店に早めに持っていくことをおすすめします。
早ければ即日で修理が完了します。
町田など交通の便が良い街のショップなら、時間を効率的に使うこともできますね。
スマホはもはや生活に欠かせないアイテムです。
ヒビが入ったら早めの修理が肝心でしょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0