フロントパネル浮きの原因

iPhoneを利用していると、時に、フロントパネルが浮いてきてしまうことがあります。
そんなときは町田の修理店などでiPhone修理をすることが必要です。
ヒビが入ったり割れたりしたのならともかく、浮いてきただけなら、自分ではめ直しておけば大丈夫なのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、フロントパネル浮きが起こる原因は、フロントパネル自体にあるのではなく、内部のバッテリーにあります。
内部のバッテリーの劣化が進んで膨張し始めた結果として、フロントパネルが押し上げられ、フロントパネルが浮いてきてしまっているのです。
ですから、はめ直して浮きを解消しようとしても難しいですし、仮にできたとしても本質的な解決にはなりません。
バッテリーの劣化により異常に電池の減りが早くなる、電源が入りづらく落ちやすくなるなどの症状が起きてきますし、浮いて開いた隙間から水が侵入してさらなる故障にも繋がりますから、早めにiPhone修理することが大切なのです。

修理内容と修理後の対応

故障の度合いが進んでしまう前の段階ならば、修理はバッテリーの交換だけで済みます。
そうして交換してもらった後は、過充電によってバッテリーの劣化を早めてしまうことがないように、正しい方法で充電することを心がけると良いでしょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0