iPhoneの電池を長持ちさせるためには

使いたいときにバッテリー切れでスマホが使えないと、不便ですし苛立たしくもありますよね。
iPhoneの電池を長持ちさせるには、いくつかのコツがありますので、以下に紹介したいと思います。
まず、Wi-Fiを使用しないときはオフにしましょう。
オンになっていると無駄に電波を探してしまい、電池を浪費してしまいます。
次に、画面の明るさを調節しましょう。
画面が明るいと、電力を消費します。
バックグラウンドで起動しているアプリを止め、電源がついている間に継続して使用してしまう電力を極力少なくすることも大切です。

それでも電池がすぐに切れてしまう場合には

例えば本体が熱をもっていて電池の消費が激しい場合は、一度電源を落としてみてください。
iPhoneのデータをすべて初期化することも方法ですが、その場合には必ずデータのバックアップをとっておかなければなりません。
デバイスの再起動の方法が分かる方は、それも試してみてください。
以上を試しても改善が見られない場合は、電池の寿命がきているのかもしれません。
そのような場合には、電池パックの交換が必要です。
iPhone修理などを受け付けている携帯ショップへ行き、交換してもらいましょう。
町田にはiPhoneの修理を受け付けている携帯ショップがあり、交通の便も整っているので、おすすめです。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0