なぜ電池パックの交換をするのでしょう?

iPhoneが稼働するためのエネルギーを供給しているのは「リチウムイオン電池」といいます。
この電池には使用の限界があります。
これは一般に「寿命」と言われています。
電池パックは、400回ほど充電を繰り返すことで新品の状態の電池よりも品質が下がってしまいます。
回数はiPhoneのシリーズによります。
品質の低下した電池は、充電できるエネルギーの上限が減ってしまったり、電池の減りが早くなってしまったりと、ユーザーには不都合な状態になってしまいます。
もはや生活の一部となってしまっているスマホが一日ももたずにすぐに電池切れになってしまっては、不便ですよね。
電池の劣化が疑われる場合は、早めにiPhone修理を行っている携帯電話ショップへ行かれることをおすすめします。

どうやって電池パックを交換すればいいですか?

電池パックの交換は、iPhone修理を受け付けている携帯電話屋さんで行うことができます。
お店によっては即日で交換してくれるところもあります。
携帯電話は日常生活には欠かせないアイテムです。
なるべく通勤や通学の道中で電池パックの交換を済ませてしまいたいですよね。
例えば町田なら、iphoneの取り扱い店が多い上に複数の路線が交差しているので、会社帰りなどにも寄りやすいでしょう。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0