iPad修理(町田、橋本、相模原、八王子)店です!^^

アイフォンの修理店には正規店で運営されている店舗と非正規店で運営されている『町の修理屋さん』の店舗の二種類があります。今回はどちらで修理する方が安心できるのか、値段が安いかなどメリット・デメリットを比べてみました。

正規店のメリットとデメリット

現在正規サービスとして運営されているのは2形式あります。
1つがアップルが直営で運営しているGenius Bar(ジーニアスバー)
もう1つがアップルから認可を受けて営業している正規プロバイダーサービス店です。
上記2店舗ではアップルケア等のサービスを利用した修理が可能であり、逆に言うとサービスは正規店でしか利用ができません。au・ドコモ・ソフトバンク等のキャリアで行われているサービスも正規店舗で修理した際しか利用できないのでご注意ください。

正規店のメリットとしては、全損・水没等してしまった場合も交換が可能なので
データは消えてしまいますが、機種を買い換えるより安く済む点です。
しかし、ガラスの割れやボタンの反応不良等の各パーツの不良の場合でも
新品交換という対応にされてしまう事が多く、バックアップが取れていなかった場合
データが消えてしまうというデメリットがあります。

また、正規店は数が少ないため込み合っていることが多く2-3時間待たされるという事も多く
時間に余裕が無く、すぐに治したい方には不便かもしれません。

正規店へ行くべき人はこんなひと
・バックアップがしっかりと取れていて、メーカーやキャリアのサービスを利用したい方
・とにかくすぐに、確実に利用できる状態にしたい方
・購入して半年程度で、何もしていないのに不良が出た方(初期不良の疑い有り)

非正規店のメリットとデメリット

非正規店とはアップルの認可を受けていない民間の修理業者になります。
店舗数が多く、修理 駅名で検索すれば大体最寄で業者を見つける事が出来るでしょう。
直したいときにすぐに修理できるのが非正規店の強みです。
非正規店のメリットは値段が安くパーツのみの交換が出来る点です。
パーツのみの交換になるのでデータはほとんどの場合消える事は無くバックアップを事前に取る必要はありません。

時間も、大体1時間程度で直る事が多く、時間が無い方にはとても助かりますね。
しかし、前述の通り保証等が使えず修理以降保証が残っていても使えなくなってしまう場合があります。
また、修理業者は増え続けており粗悪品を扱う業者、修理経験が少ないのも事実で修理を依頼する際はある程度吟味が必要になります。

非正規店に行く場合に気をつけること
・営業をはじめてどれくらい経つのか
・対応の機種、どういった種類の修理をしているか。
・営業期間が長い、対応機種が多いほど熟練の技術者の在籍している可能性が高いです。
・店舗独自の保証サービスをしているか

非正規店に行くべき方はこんな方
・お値段を安く済ませたい
・新機種が出るまで持たせたい
・5以前の機種で保証が切れてしまっている
・バックアップを取っておらずデータをどうしても残したい

まとめ

最新機種の場合画面の交換価格が正規店と変わらない非正規店舗も多く価格的な差は無い場合もあるため
バックアップの取れる余裕のある方は正規店に行ったほうがいい事もありますが一世代前の機種や保証期間の切れてしまっている機種の場合は非正規店の方が価格的に安くお得になる可能性が高いです。

非正規店はその店舗独自の保証サービスをしている所が多いのでメーカー保証が切れてしまっている方は非正規店で修理し、その店舗での保証を受けられる形にするのもひとつの手段かもしれませんね。

当店のセールスポイント

当店では正規店で働いていたスタッフ、修理件数100台を超えたスタッフ等が常駐しており、バッテリーの場合15分程度、ガラスの場合でも40分程度、アイフォンの場合4から6+まで即日修理が可能です。

また、当店で修理された機種には、三ヶ月の保証をつけさせて頂いておりますので修理後何かトラブルがあった際も安心です。全国から郵送による修理も承っておりますので近くの店舗に持ち込んで直せなかったという際は是非当店へご用命ください。

 

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0