iPhone6修理にかかる費用と時間、手続きの方法について

落としやすくなったiPhone6/6 Plus

iPhone6/6 Plusは多彩な機能の搭載や画面の見やすさ等を重視した結果、iPhone5までのモデルに比べると、iPhone6は4.7インチ、iPhone6 Plusは5.5インチと画面サイズが明らかに大きくなっています。
このため、これまでのモデルと同じ感覚で手にしていると、うっかり落とししてしまったり、机の端に置いたがために安定がとれずに落下するというリスクが増大しています。
特に手が小さい女性などは持ちづらいという声が聞こえており、うっかりリスクに注意しなくてはなりません。
また、画面が大きく薄型した分、圧力を受けやすくなっており、カバンの中に入れてあっただけで、画面にヒビが入ったという事象も報告されています。
落下や衝撃を加えないよう慎重に使いたいところですが、日常的に持ち歩くものですから、どんなアクシデントやトラブルが起こるかは分かりません。
せっかく高額な費用を払って手に入れたiPhone6/6 Plusですから、長く愛用できるよう、万が一の修理体制や修理にかかる費用も抑えておきたいところです。

Appleが画面損傷時の修理代金を公開

この点、iPhone6/6 Plusの製造販売メーカーであるAppleは、発売が開始されて間もなく、画面が割れてしまった場合のiPhone修理代金を公開しています。
修理にかかる費用のほか、修理に出す手順や所要時間なども案内されています。
iPhoneの購入時にメーカー提供の有料ケアプランに加入すると、画面が割れても最大2回まで一定の料金で画面修理を受けることが可能です。
これに対して有料ケアプランに加入していない場合は、画面サイズによって修理代金が異なります。
iPhone6の場合は加入している場合の約1.5倍の料金、iPhone6 Plusは約2倍の料金で画面の修理を受けることができます。

iPhone修理の申し込み手続き

iPhoneの修理サービスを申し込むには、Appleのホームページからネットで正規修理店への予約が可能です。
最寄りに修理店がない場合や出向く時間がないといった場合は、配送修理の申し込みもネットからできます。
なお、修理時間がかかると、その間利用できないのが気になるところですが、有料ケアプランに加入している場合にはエクスプレスサービスとして、すぐに新品か、新品同様の製品を交換機として受け取れるサービスも付いてきます。
有料ケアプランに加入していない場合には、修理または本体交換には約1周間ほどの時間がかかります。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0