内部構造の複雑さが増したのでiPhone6修理は慎重に

iPhone6のスペック

iPhone6は4.7インチのマルチタッチ・ディスプレイを持ち、1334×750ピクセルでの画像表示が可能であり、以前のバージョンのiPhoneと比較すると外観が変化している事がわかるでしょう。
しかし変化しているのは外観だけでは無く、処理スピードも変化しています。
それは以前のバージョンに比較すれば、25%程度のCPUのスピードアップや画像の描画を司るGPUの性能も50%程度向上しているのです。

iPhone6の本体側の内部構造の説明

その様なiPhone修理の依頼が来る事前準備の為に、iPhone6を分解して内部構造を公開します。
まず電源を入れると液晶画面上にHelloという文字が表示され、液晶画面の下側にはslide to set upという文言が確認出来ます。
使用する一番最初は、正規のライセンスを認証する為に行うアクティベーションを行う必要がありますが、以前のバージョンのiOS7と比較してもこの時点では、変化は確認出来ません。
本体の底部に付いている、外部機器との通信や充電に使用されるケーブル接続端子であるライトニングコネクタの両脇にある、星型をしたネジを外す所から分解は開始します。
すると、液晶画面の部分を持ち上げる事が出来る様になりますが、以前のバージョンのものよりも、液晶画面・タッチパネル及びセンサー関連のケーブルに加えて、ケーブルが1本増えている事がわかります。
この増えているケーブルを調べていくと、iPhone6の操作の基本的な操作の要となるホームボタンのケーブルである事が判明しました。
次に、バッテリーとライトニングコネクタを外していきましょう。
そうすると、メインカメラは1本のネジと黒色のテープで覆われているネジ1本で留められている事がわかりました。
カバーと共にメインカメラもゆっくりと外していくと、本体の左上辺りに幾つかのアンテナが見つかります。
大小の複数のネジがあるのでメモを取りながら外していくと、元に戻す時に役立つかも知れません。
アンテナの下にはスリープボタンとボリュームキーのケーブルが見つかるので、それぞれのケーブルも外します。
バイブレーターは以前のバージョンとは異なり、本体上部から下部へと移動されている事が判ります。
バイブレーターはネジ2本で留められているので、これも外しましょう。
今度は、本体の左下部にある外部スピーカーを外して、パソコンでいうマザーボードに当たるロジックボードを外します。
以上で本体側の分解が完了です。

iPhone6の液晶側の内部構造と修理する時の心構え

次に、液晶画面側を分解して行きます。
まずホームボタンのカバー、コネクターの順番で外して、イヤースピーカーを覆っているカバーを外し液晶部分のカバーを外しましょう。
最後にインカメラケーブルを外すと分解作業は、完了します。
以前のバージョンよりも、内部構造が複雑になっているので、iPhone6を分解する場合にはより慎重な作業が必要になるでしょう。

~ここで店舗情報!~  (http://iphone-repair.asia/)

東京町田でのiPhone修理ならiPhone修理町田店にお任せ下さい。
東京町田エリアで業界最安値で展開しております。
また、iPhone修理のスピード最短即日10分で修理完了です。
お客様の大切なiPhoneを即日でお戻し可能ですので、ご安心下さい。

iPhone修理の品質修理実績多数のスタッフによる安心修理を心がけておりますので、
iPhone
に関してお困りのことやご質問などありましたらお気軽にご相談下さい。

【店舗概要】
店舗 iPhone修理町田店
連絡先 0120-911-372
住所 :東京都町田市原町田4-2-10 丸昭ビル2F
営業時間:10:00-20:00
URL:http://smappo.cc/

【その他店舗概要】

・アイフォン修理大宮西口店

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-308-4 3F

048-871-6493

http://iphoneshuri.com/

・アイフォン修理八王子店

東京都八王子市東町114 橋完ビル3F

0120-925-066

http://iphoneshuri-8prince.com/

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0