iphone_screen_sizes-e1446613363741

2016年の上半期に、4インチのiPhoneが登場し、下半期に登場するiPhone7シリーズのメモリは2GBと3GBの両体制になるとの予測を、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が立てています。

新iPhoneはiPhone5sのアップグレードに

アップル製品に詳しいKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏によれば、A9プロセッサを搭載して「iPhone5sに似た」4インチのiPhoneを、アップルは市場に投入する用意があるそうです。4インチの需要は未だに高く、iPhone5cよりもiPhone5sが人気であることから、アップルはiPhone5sをアップグレードする形で、新たなiPhoneとして登場させることになるのだとか。

したがってKuo氏は、ボディもiPhone5cのようなポリカーボネート製ではなく、メタル素材が用いられる公算が高いとします。このiPhoneが、iPhone6cになるのか、はたまた別の名称になるのかは謎です。

また同氏は、iOS9からiOS10へスムーズに移行させるためにも、iPhone6シリーズ同様のA9プロセッサが搭載されるとしていますが、一方でiPhone6sシリーズと差別化を図りたいとの思いから、3D Touchは搭載されないと考えています。よって、新iPhoneは、あくまでも4インチの高性能なiPhone5sと考えるのが良さそうです。なお出荷台数は、2016年末までに2,000-3,000万台ほどとなるようです。

iPhone7シリーズはメモリが2種類

さらにKuo氏は、iPhone7シリーズについても言及し、同iPhoneは、従来どおり2016年の第3四半期に、新型のA10プロセッサを搭載して発売されるとしています。ただし、4.7インチのiPhone7のメモリは2GB、5.5インチのiPhone7 Plusのメモリは3GBとされ、両モデルの差別化を、これまで以上にアップルが図ってくるのではないかとの判断を下しています。また、同氏は以前に、iPhone7がiPod Touch並に薄くなるとの見解を示しています。

なお、サプライヤーまわりについては、引き続きFoxconnが主流を占め、4インチiPhoneのA9プロセッサ、そして続くiPhone7シリーズのA10プロセッサもTSMCが独占的に契約を請け負うとの見方を示しています。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0