大量のgifアニメーションが張られたページを、iPhoneのSafariで見ようとすると、静止画のまま再生されないことがある。iOS版Safariにはファイルサイズの制限があり、サイズが大きすぎるgifアニメは再生されないのだ。

画像をタップしてリンクを開けば再生されるが、ページを行き来しながら複数のgifアニメーションを見なければならないのは正直わずらわしい。できれば最初の記事ページ内ですべての再生を完結したいものだ。

ところがiPhone 6s/iPhone 6s Plusのユーザーなら「ピーク&ポップ」機能を活用することでこの問題が解決する。iPhone 6sシリーズには、タップやスワイプなどのジェスチャーのほか、新たに画面を押しこむ動作が搭載された。ディスプレイに加わる圧力の大きさを感知し、これまでにできなかったさまざまな操作が可能となっている。

たとえばSafariでは、ページ内のリンク軽くプレスすると(ピーク)、リンク先のプレビューウインドウが表示されるようになった。そのまま指を離すとウインドウは閉じられ、わざわざリンク先に飛ばずともどんな内容かを確認できる。

002_248x

さらにピークしたままの状態でぐっと押し込むと、プレビューウインドウがポンっと画面いっぱいに広がり(ポップ)、ページ全体をSafariで開くことができる。

今回のテクはこの「ピーク&ポップ」を応用したものだ。静止画表示のgifアニメーションを軽くプレスすると、プレビューウインドウが開かれ、画像リンクを開いたときと同じようにアニメーションが再生される。

さらにピークしたままの状態でぐっと押し込むと、プレビューウインドウがポンっと画面いっぱいに広がり(ポップ)、ページ全体をSafariで開くことができる。

今回のテクはこの「ピーク&ポップ」を応用したものだ。静止画表示のgifアニメーションを軽くプレスすると、プレビューウインドウが開かれ、画像リンクを開いたときと同じようにアニメーションが再生される。

そのまま指を離せばプレビューウインドウは閉じられ、もとのページに戻る。逆に深くプレスすれば、gifアニメーションのページが開かれ、画像の保存やコピーが可能となる。つまり重いgifアニメーションでも、ピーク&ポップを活用すれば、大量の枚数をサクサク閲覧・保存できるようになるのだ。

画面をプレスする操作はiPhone 6sに搭載されたばかりの新機能だけに、今後もっと便利な使い方が見つかることだろう。iPhone 6sユーザーなら一度は試したいTipsだ。ちなみにiPhone 6以前のモデルは未対応である。

~ここで店舗情報!~  (http://iphone-repair.asia/)

東京町田でのiPhone修理ならiPhone修理町田店にお任せ下さい。
東京町田エリアで業界最安値で展開しております。
また、iPhone修理のスピード最短即日10分で修理完了です。
お客様の大切なiPhoneを即日でお戻し可能ですので、ご安心下さい。

iPhone修理の品質修理実績多数のスタッフによる安心修理を心がけておりますので、
iPhone
に関してお困りのことやご質問などありましたらお気軽にご相談下さい。

【店舗概要】
店舗 iPhone修理町田店
連絡先 0120-911-372
住所 :東京都町田市原町田4-2-10 丸昭ビル2F
営業時間:10:00-20:00
URL:http://smappo.cc/

【その他店舗概要】

・アイフォン修理大宮西口店

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-308-4 3F

048-871-6493

http://iphoneshuri.com/

・アイフォン修理八王子店

東京都八王子市東町114 橋完ビル3F

0120-925-066

http://iphoneshuri-8prince.com/

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0