どーも!極限の薄着で風邪を引いたiPad修理(町田、橋本、相模原、八王子)店の斎藤です。

あー頭が痛くて仕事が手につかなくて困ってます…^^;

さて本日は、発売目前に迫ってるiphone6s。今回のカメラの精度をアピールをしているCMを見かけます。

今までどのようにカメラの画素数が変化してきたか、初代iphoneからiphone6まで見たいきましょう!

iphone-6-best-camera-iphone-portrait-e1435733829823

左から初代iphone  右がiphone6

スマートフォンのカメラ性能は画素数で決まる!なんて思っている方は多いのではないでしょうか。もちろん、カメラの性能をみる際に、画素数を考慮することは重要です。綺麗な写真を撮りたいのは皆そですからね^^

しかし、アップルがiPhone4sからiPhone6 Plusに至るまで一貫して800万画素にこだわり続けてきたことに対し、同社がカメラにリソースを割くことを投げやりにしていた、と思ってしまうのは大きな間違いなんです。

比較するとこんなにも違いがあるんです。

同じ画素数でも、iPhone4sとiPhone6シリーズのカメラでは、素人目にみても明らかに画質が違います。下の画像は、初代iPhoneからiPhone6それぞれの端末で撮影された写真です。

初代iPhoneとiPhone3Gは200万画素、iPhone 3Gsは320万画素、iPhone4は500万画素、iPhone4s以降は800万画素となっています。

iphone-6-best-camera-iphone-macro-e1435733853319iphone-6-best-camera-iphone-backlit-e1435733890476

こうして比較してみると、アップルがいかにカメラ性能の向上に力を入れているかがよく分かりますね。

今では逆光効果などで苦労することはなくなりましたが、3Gの時は撮影が大変だった記憶があります。笑

そして、iphone6sはなんと画素数が1200万画素が見込まれているそうです。

来年予定のiphne7からはレンズにさらに光を集めてより美しい写真撮影ができるそうです!

7出たら買おかなぁ^-^

Business Insiderがサプライチェーン内部からの情報として、iPhone6sで採用が見込まれる1,200万画素のカメラ部品は予定どおり量産されている、と報じています。

また、Appleはサプライチェーンに、6層のレンズのカメラパーツを発注しており、これは2016年にリリースされるであろうiPhone7向けと見られます。現行のiPhone6/6 PlusやiPhone6sの5層レンズが6層になることで、より多くの光を集めることができるため、iPhone7ではより明るく、きれいな写真が撮影可能になると期待されます。

情報元 (http://iphone-mania.jp/news-80978/)

東京町田でのiPhone修理ならiPhone修理町田店にお任せ下さい。
東京町田エリアで業界最安値で展開しております。
また、iPhone修理のスピード最短即日10分で修理完了です。
お客様の大切なiPhoneを即日でお戻し可能ですので、ご安心下さい。

iPhone修理の品質修理実績多数のスタッフによる安心修理を心がけておりますので、
iPhone
に関してお困りのことやご質問などありましたらお気軽にご相談下さい。

【店舗概要】
店舗 iPhone修理町田店
連絡先 0120-911-372
住所 :東京都町田市原町田4-2-10 丸昭ビル2F
営業時間:10:00-20:00
URL:http://smappo.cc/

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0