ども!iPad修理(町田、橋本、相模原、八王子)店です!
スマートフォン・ユーザーにとって死活問題ですが、それだけに世の中にはバッテリーに関して間違った知識が「神話」として、今なお渦巻いています。今回は数ある「神話」のなかからも、特に多くのユーザーが勘違いしているものをピックアップしてみたいと思います。

充電することに「1回」としてカウントされる

一昔前であれば、バッテリーは最大容量を「忘れてしまう」ため、充電するごとに充電サイクルが1回とカウントされて寿命が縮まっていくという知識は事実でした。そのため、0%まで使い切ってから再充電することや、40-80%の間で維持しておくことなどが理想とされ、ユーザーは常にバッテリーの残量に目を光らせておかなければなりませんでした。

しかし、iPhoneに代表されるような、リチウムイオン・バッテリーを用いている現在のスマートフォンは、従来のニッケル系バッテリーにみられた「記憶喪失」を心配する必要はありません。

ここで、アップルが記した「なぜリチウムイオンなのか?」という記事を見てみましょう。

Appleのリチウムイオンバッテリーは、いつでも好きな時に充電できます。再充電の前に電力を完全に使い切る必要はありません。またAppleのリチウムイオンバッテリーは、繰り返し充電して使えます。バッテリー容量の100%に相当する電力を使い切ると(放電すると)1回の充電サイクルを完了したことになりますが、必ずしも1回の充電ごとにすべてを使い切る必要はありません

30cc0043accebfe50c5c4220e990dd7e-e1444457811737
例えば、バッテリー容量の75%を1日で消費し、夜のうちにフル充電したとします。翌日25%を消費する、すなわち合計100%消費すると、2日で1回の充電サイクルを完了したことになります。1回のサイクルを完了するのに数日かかることもあるかもしれません。どんな種類のバッテリーも、ある程度充電を繰り返すと容量が減っていきます。リチウムイオンバッテリーなら、充電サイクルを完了するごとに減る容量はわずかです。製品によって異なりますが、Appleのリチウムイオンバッテリーは、充電サイクルを数多く繰り返しても本来の容量の少なくとも80%を維持するように設計されています。

つまり、リチウムイオンバッテリーを用いた現在のスマートフォンでは、途中でこまめにチャージしたり、使用したりしても、バッテリー容量を100%分使いきらない限り、1回の充電サイクルとしてカウントされないのです。

~ここで店舗情報!~

東京町田でのiPhone修理ならiPhone修理町田店にお任せ下さい。
東京町田エリアで業界最安値で展開しております。
また、iPhone修理のスピード最短即日10分で修理完了です。
お客様の大切なiPhoneを即日でお戻し可能ですので、ご安心下さい。

iPhone修理の品質修理実績多数のスタッフによる安心修理を心がけておりますので、
iPhone
に関してお困りのことやご質問などありましたらお気軽にご相談下さい。

【店舗概要】
店舗 iPhone修理町田店
連絡先 0120-911-372
住所 :東京都町田市原町田4-2-10 丸昭ビル2F
営業時間:10:00-20:00
URL:http://smappo.cc/

【その他店舗概要】

・アイフォン修理大宮西口店

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-308-4 3F

048-871-6493

http://iphoneshuri.com/

・アイフォン修理八王子店

東京都八王子市東町114 橋完ビル3F

0120-925-066

http://iphoneshuri-8prince.com/

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0